オリンピック閉会式の義足モデル海音(あまね)さんって誰?かわいい!インスタは?整形の噂は本当?

東京オリンピック2020の閉会式に出演し、そのきれいさで「誰?」と話題になったのが、義足のモデル海音(あまね)さんです。



引用元:https://twitter.com/

閉会式の冒頭、日本国旗を手に入場した6人のメンバーの中にいたのが、義足のモデル海音(あまね)さんでした。

マスクをしていても、かわいいのが分かりますね。



今回は、この海音(あまね)さんについてご紹介します。

義足のモデル海音さんってどんな人?

氏名:矢野 海音(やの あまね)
生年月日 2001年10月15日
年齢 19歳(2021年8月現在)
出身地 :大阪府大阪市
身長 :163 cm
Twitter:https://twitter.com/amane_1015_
Instagram:instagram.com/amane_1015_/



◆ファッションショーでランウェイを歩く海音さん

12才で原因不明の病気になり右足を切断



海音さんは、幼い頃はキッズモデルとして活躍。アパレルブランドの広告や雑誌の表紙を飾ったり、アイドルの活動もしていました。

しかし、12才の時によく倒れるようになり、鼻血が頻繁に出たり、関節が痛くなったり、体重が激減してしまう、原因不明の病気が海音さんを襲います。小学校の卒業式にも行くことができませんでした。

1年近く入院し、ようやく血管の難病だということが分かり、右足の指が壊死したため、脚を切断せざるをえなくなりました。

海音さんはあまりに痛すぎて、大変すぎて、その頃の記憶がないそうです。どんなに大変だったのか想像するだけで胸が苦しくなりますね。



そして、義足を付けた時は、「歩けるんだ!」という喜びと同時に、人目が気になり、周囲に義足であることを話すことができませんでした。

普段は義足が見えないように、ロングスカートかパンツスタイルで過ごしている海音さん。
高校時代は義足であることを知られたくないと、周りがみんな短いスカートの中、特注の長いスカートで過ごしていました。キッズモデルをしていたこともあり、義足を隠していると、誰にも気付かれない歩き方ができるそうです。

義足を出してもかっこいい!

そんな中、義肢装具士の臼井さんから『切断ヴィーナス』という写真集があることを教えてもらった海音さん。


お母さんからも、リオパラリンピックの閉会式で堂々と歩く、日本で初めての義足モデルGIMICOさんのことや、エイミー・マリンズという元パラリンピアンで、モデル・女優として活躍している人の存在を教えてもらいます。

■リオパラリンピック閉会式に登場したGIMICOさん

引用元:https://mainichi.jp/



■モデル・女優として活躍しているエイミー・マリンズさん

引用元:https://ameblo.jp/

そして「義足を出しても、かっこいいかもしれない、隠し続けるのは、本当の自分に嘘をついているんじゃないか」という気持ちが、心のどこかに生まれてきて、ファッションショーで義足を見せて出演することを決意します。



ファッションショーでは、義肢装具士臼井さんの作った、「これから輝く未来があるという意味を込めた」シルバーの義足を見せて、ランウェイに立ちました。

出演したのは、東京パラリンピックの開会式だったはずの、2020年8月25日に開かれた、義足のファッションショー。

実は、このファッションショーの直前に、仲の良い友人たち数人には、ショックを受けないようにとカミングアウトしたそうです。

友人たちはみんな「気づかなかった」と言って、泣いてくれたのだとか。

オリンピック閉会式に大抜擢



そして、2021年8月8日の東京オリンピック閉会式、日本国旗を持って登場する6人の内の1人に大抜擢され、一躍有名人に。

自分のTwitterにも、その嬉しさをツイートしています。

Twitterやインスタで色々な写真もアップしています。本当にきれいで可愛いですよね。



整った顔立ちの海音さん、ネットで「整形?」と検索する人がいるようです。

色々調べてみましたが、整形という情報はありませんでした。可愛いので「整形しているかも」と思う人がいるようです。



まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は義足モデルとして輝いている海音(あまね)さんをご紹介しました。

海音さんの活躍で、勇気や元気をもらえる人がたくさんいます。今後も応援していきたいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする