「漁港の肉子ちゃん」でキムタク長女Cocomiが声優初挑戦、花江夏樹の役柄も発表に!

6月11日公開予定の劇場アニメ「漁港の肉子ちゃん」の声優に、木村拓哉さんと工藤静香さんの長女Cocomiさんが抜擢され、声優デビューすることが発表されました。

この「漁港の肉子ちゃん」は、原作西加奈子さん、企画・プロデュース明石家さんまさん、主役の肉子ちゃんを大竹しのぶさんが担当する話題の映画です。

引用元:https://eiga.com/



さんまさんがCocomiさん出演をオファー!

Cocomi(本名:木村 心美)さんは、木村拓哉さんと工藤静香さんの長女で2001年5月1日生まれの現在19歳。

桐朋学園大学音楽学科在学中で、フルート奏者であり、モデルとしても活躍中です。

さんまさんが木村拓哉さんと仲が良いのは有名で、Cocomiさんが小さな頃から親交があったようです。

3歳からヴァイオリンとピアノを習い始め、11歳からフルート演奏を学んでいて、小学生の頃から音楽コンクールに出場して優秀な成績を修めているCocomiさんですが、実は中学生の頃に声優の養成所に通っていたこともあるそうで、それを知っているさんまさんが、自身のプロデュースする「漁港の肉子ちゃん」への出演をオファーしたそう。

役柄は主人公の肉子ちゃんの娘ということで、重要な役どころのキクコちゃんを演じます。

Cocomiさんは「一生懸命、精一杯頑張りたいと思います。とても緊張していますが、キクコちゃんの性格や素敵なところをしっかり皆さんに伝えられるよう、頑張ります」と意気込みを語り、さんまさんも「期待しています」とコメントを寄せています。

「鬼滅の刃」主人公の竈門炭治郎役の花江夏樹も出演

加えて「鬼滅の刃」主人公の竈門炭治郎役の花江夏樹さんも、キクコの同級生で、本作の重要なキャラクターとなる少年・二宮を演じることも明らかになりました。

劇場アニメ「漁港の肉子ちゃん」あらすじは?

「肉子ちゃん」ってなんだかすごい名前ですが、どんなアニメなんでしょうか?

漁港の船に住む共通点なしの母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密がつなぐ最高の奇跡を描いた感動のハートフルコメディで、原作は、直木賞受賞者の西加奈子の同名小説。

あらすじは、食いしん坊で能天気な肉子ちゃんは、情に厚くて惚れっぽいから、すぐ男にだまされる。一方、クールでしっかり者、11歳のキクコは、そんな母・肉子ちゃんが最近ちょっと恥ずかしい。そんな共通点なし、漁港の船に住む母娘の秘密が明らかになるとき、二人に、最高の奇跡が!「生きてるだけで丸儲け」の明石家さんまさんがプロデュースする、感動のハートフルコメディです。

まとめ

キャストも豪華で、観て元気に楽しくなりそうな「漁港の肉子ちゃん」。

今後も色々と話題を呼びそうです。

6月11日の公開が待ち遠しいですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする