レインボー「ひやまとみゆき」あらすじまとめ20話~みゆき再会編~動画見逃し配信を無料で見る方法は?

フジテレビ系列で毎週木曜日21:00~21:54に放送されている「千鳥のクセがスゴいネタGP」で人気の、お笑いコンビ「レインボー」の連続テレビ小説「ひやまとみゆき」。ひやまとみゆきのラブストーリーの展開が気になる方も多いはず。2021年7月8日放送分では、みゆきのいる場所を探し回るひやま。そしてとうとうみゆきとの再会が!?



ひやまとみゆきのあらすじ~みゆき再会編~

7月8日に放送された「千鳥のクセがスゴいネタGP」の中で、今人気の「レインボー」の連続テレビ小説「ひやまとみゆき」が放送されました!見逃した方のためにあらすじをご紹介します。

前回19話のまとめはこちら

ひやまとみゆきが感動の再会!?

前回のあらすじ:みゆきの居場所を知っているという幼なじみの櫻子に連れられて行ったのはみゆきの亡くなった夫、輝彦の生まれ故郷だった。すれ違いばかりの2人。果たしてこの町で出会うことはできるのか?



引用元:https://tver.jp/

みゆきの元夫、輝彦の生まれ故郷でみゆきを探し回るひやま。

なかなか見つからない中、「お腹は空いたし何も食べてないし」と言ったものの、「って、さっきしらす丼食べたってーの」と自分でツッコむひやま(笑)。



潮の匂いがするのに気づいたひやまは海の方に向かい、そこでみゆきとの再会を果たす。

引用元:https://tver.jp/

「迷惑かけてごめんなさい」と謝るみゆきにひやまは「そんなことより今まさか崖から・・・」と心配する。「ここは輝彦さんとの思い出の場所なの」と悲しそうに言うみゆき。

引用元:https://tver.jp/



ひやまはみゆきに「好きです、僕が輝彦さんを忘れさせます」と告白する。

みゆきも「私も好きよ」と答えるが、「でも怖いの また目の前から好きな人がいなくなるのが怖いの」と話す。

引用元:https://tver.jp/



そんなみゆきにひやまは「僕は死にませんよ」と言って、崖から飛び降りてしまう!

引用元:https://tver.jp/



みゆきは助けようと手を差し伸べるが、助けることが出来なかった。「ひやまさーん」と泣き叫ぶみゆき。

引用元:https://tver.jp/

泣き叫んでいるみゆきの元に、ずぶ濡れになったひやまが現れる!

引用元:https://tver.jp/



びっくりするみゆきにずぶ濡れのひやまは「僕は死にませんよ」と話しかける。

引用元:https://tver.jp/

思わず駆け寄りひやまに抱きつくみゆき。



引用元:https://tver.jp/

「濡れてますよ」と照れるひやまに、抱きついたまま「でもあったかい」と言うみゆき。

引用元:https://tver.jp/



そんなみゆきをそっと抱きしめるひやま。

引用元:https://tver.jp/

紆余曲折の末、2人が気持ちを伝え合ったところで終了。

大悟さんは、「しらす丼食べたって―の」と言うひやまに「何やねんそれ、ただのバカやないか」と苦笑し、ノブさんは大笑い。大悟さんは、ドラマ「101回目のプロポーズ」とそっくりな展開に「大パクリや、よかったわフジテレビで」と言っていました。



ノブさんはひやまが崖から飛び降りてみゆきが手を差し伸べたのを見て、「てっきり手を持ってると」と言うとゲストの磯村勇斗も「そうですね、俺も思った」と言っていました。ゲストの藤田ニコルさんが「どこで終わるの?」と聞くと、大悟さんは「プロポーズしに、みゆきの方から ウエディングドレスで工事現場に来たらもう101回目のプロポーズや」と言って、皆さん大笑いでした。

引用元:https://tver.jp/

次回第21話はこちらから

「ひやまとみゆき」の動画見逃し配信を無料で見る方法は

「連続テレビ小説ひやまとみゆき」を見逃して、無料で見たい方は、FODプレミアムで見ることが出来ますよ。FODプレミアム無料トライアル期間が14日間もあり、フジテレビ系の人気バラエティや、ドラマの動画を見放題で視聴できるのでオススメです。

無料トライアル期間の14日間以内に解約すればお金は一切かかりません。

さらに、お試し期間中に最大900円分のポイントもプレゼントされるのでポイントを使って漫画や雑誌、レンタル配信の動画も視聴できますよー。

ちなみに「101回目のプロポーズ」全12話もFODプレミアムで見れます!久しぶりに見たい方、ぜひ無料登録して見て下さいね。

まとめ

とうとう気持ちを伝え合ったひやまとみゆき。このままハッピーエンドで終わるのでしょうか?

ひやまとみゆきのあらすじ全話まとめてみましたので、ぜひ見てみて下さい。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする