【東京2020】新国立競技場スタジアム内部見学ができるフィールド展望会、予約方法・見学場所は?

『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会』のメインスタジアムとして私たちに様々な感動を与えてくれる場となった国立競技場

最後まで関係者以外は入場することが出来ず、チケットを購入していた人はもちろん、チケットが外れた人も、一度でいいから中に入ってみたかったなあと思う人は多いはず。



引用元:https://www.sponichi.co.jp/

そんな「国立競技場に一度は入ってみたい!」という方に朗報です。

期間限定ですが、競技場の内部を見学できる方法がありましたので、今回ご紹介します!

国立競技場を見学できる『フィールド展望』とは?予約方法、見学場所は?

この国立競技場ですが、2022年3月末まで、大会組織委員会による原状回復の工事に入っています。

工事の間はもちろん入場することはできませんが、工期中に数回の休工日があり、その日だけは『フィールド展望(The field observation)』という競技場内の見学会が開催されています。

引用元:https://www.shibukei.com/

予約方法は?無料なの?

電話やハガキ、当日国立競技場に行っての予約はできないようです。

展望予約サイトからのみ予約することができます。→ 国立競技場フィールド展望予約サイト

無料ではなく、入場料が必要です。

入場料は、大人1,000円、高校生以下500円、未就学児は無料です。

支払いは、予約をした上で、現地での現金払いのみです。

【予約の注意点】

●予約開始は開催日5日前の0時からになります。

●入場時間は初回9時から、最終回16時まで、30分ごとに分かれています。

●1枠40人まで予約可能。

●今後の新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、開催中止や定員数の変更を行う場合があります。

見学場所は?



見学可能な場所は、下図の立入可能エリアのみ、北側4階スタンドからのみの展望となります。

立入可能エリアは限られていますが、東京2020開催中には近づくこともできなかったので、競技場内部が、その場で自分の目で見れるのは嬉しいですね。

見学会の日程は?

2021年11月~2022年3月までの見学会の日程が発表されています。

カレンダーの黄色で塗りつぶした日が見学可能日です。日曜・祝日ですが、毎週ではありません。また変更の可能性もありますので、予約の際、ご注意ください。

見学会の時間は?

入場時間は初回9時から、最終回16時までで30分ごとに分かれています。

①9:00~ ②9:30~ ③10:00~ ④10:30~ ⑤11:00~ ⑥11:30~ ⑦12:00~ ⑧12:30~

⑨13:00~ ⑩13:30~ ⑪14:00~ ⑫14:30~ ⑬15:00~ ⑭15:30~ ⑮16:00~

滞在時間は最大60分までで、退出は自由ですが再入場はできません。

アクセスは?

住所:東京都新宿区霞ヶ丘町10-1

JR総武線各駅停車 千駄ヶ谷駅/信濃町駅:徒歩5分
都営大江戸線 国立競技場(A2出口):徒歩1分
東京メトロ銀座線 外苑前駅(3番出口):徒歩9分

まとめ

いかがでしたでしょうか?

東京2020が終わり、新しく生まれ変わる国立競技場。

過渡期のスタジアムを見ることができるのは、2022年3月までです。

ご興味のある方、ぜひ予約して行ってみて下さいね。

展望予約サイトはこちらです → 国立競技場フィールド展望予約サイト

私も予約が取れたらぜひ一度行ってみたいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする