車いすバスケの鳥海 連志(ちょうかい れんし)選手がイケメンでカッコいい!インスタは?結婚してるの?

東京パラリンピックが開催され、日本の選手も大活躍しました。

そんな中で、注目されたのが、車いすバスケで新エースとして大活躍の鳥海 連志(ちょうかい れんし)選手。

決勝のアメリカ戦でも、最後まで諦めない、素晴らしいプレイを見せてくれ、初のメダル獲得、しかも銀メダルを獲得し、観る人みんなに感動を与えてくれました!



引用元:https://news.yahoo.co.jp/

「異次元の動き」で素晴らしいプレイを見せてくれ、その上イケメンでカッコいいと、SNSでも話題になっています。

今日はそんな鳥海 連志(ちょうかい れんし)選手がどんな経歴なのか、結婚してるのかどうか調べてみましたのでご紹介します。



鳥海 連志(ちょうかい れんし)選手ってどんな人?

東京パラリンピック、車いすバスケで、日本代表の未来を背負う若きスピードスターとして大活躍の鳥海 連志(ちょうかいれんし)選手の経歴をまとめてみました。

氏名:鳥海 連志(ちょうかい れんし)

生年月日:1999年2月2日 (2021年8月現在 22歳)

出身地:長崎県長崎市

所属:パラ神奈川/WOWOW

インスタ:https://www.instagram.com/iamrenshichokai/



引用元:https://www.parasapo.tokyo/

生まれつき両手足に障害があって、両下肢を3歳の時に切断。

小学校の6年間は、サッカー、野球、バドミントン、バレーボール等々、色々なスポーツを経験。バスケットボールは、ご両親が経験者だったこともあり遊びの中で覚えていったそうです。

2011年 中学生時代に学校関係者に誘われて、九州の強豪チーム、佐世保WBCで車いすバスケットボールを始める。(中学入学時はテニス部に入っていたそうです)



2013年 アジアユースパラゲームスに出場、2位獲得に貢献

2015年 三菱電機2015IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップ千葉で存在感を発揮し、 その後は日本代表に定着

2016年 長崎県立大崎高在学中17歳で、チーム最年少選手としてリオパラリンピックに出場

2017年 神奈川のクラブチームに移籍

2021年 東京パラリンピックに出場

鳥海 連志選手の家族構成は?



鳥海 連志選手はご両親、お兄さん、妹さんの5人家族。ご両親がバスケットボール経験者で、遊びとして幼い頃からバスケットボールに親しんできたそうです。兄弟仲良しで、インスタにも家族との写真が度々投稿されています。

この投稿をInstagramで見る

鳥海連志(@iamrenshichokai)がシェアした投稿

鳥海 連志選手は彼女はいるの?結婚してる?



イケメンでカッコよくオシャレな人なので、彼女はいるかもしれませんが、インタビューやインスタには登場しません。結婚はしていないようです。今は車いすバスケに専念しているのでしょうね。また情報がありましたら、こちらでご紹介します。

SNSでも話題に

鳥海選手はTwitterでも素晴らしいプレイが話題になっています。



まとめ

いかがでしたでしょうか?

車いすバスケで、イケメンでかっこよく、素晴らしいプレイを見せてくれ、最前線で活躍する鳥海連志選手。今後の活躍にも注目していきたいです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする