レインボー「ひやまとみゆき」あらすじまとめ12話~ありがとう櫻子編~動画見逃し配信を無料で見る方法は?

フジテレビ系列で毎週木曜日21:00~21:54に放送されている「千鳥のクセがスゴいネタGP」で人気の、お笑いコンビ「レインボー」の連続テレビ小説「ひやまとみゆき」

ひやま役のジャンボたかおさんのクセがスゴい表情がなんとも言えない面白さ、みゆきと櫻子役の池田直人さんのきれいさ、ひやまを巡る三角関係がどうなるのか、昔のラブストーリーのような展開で、クセになる面白さです。

今日は、そんな連続テレビ小説「ひやまとみゆき」の第12話目をまとめてみました!



前回第11話はこちら

ひやまとみゆきのあらすじ まとめ(第12話)

【12話目】~ありがとう櫻子編~

コントを超えた!恋の三角関係の行方は!?

前回、みゆきの家に行ったひやまに、「櫻子さんと抱き合っていたのを見た。信じてたのに」と言って、閉めてしまったみゆき。ドアを背にして二人ともうずくまってしまう。

今日は、櫻子と夜の公園にいるひやま。

櫻子が「冬の外の公園で食べるアイスってなんでこんなに美味しいんだろう」と嬉しそうに話す。元気のないひやまに「ひやまっち?今日元気なくない?」「さてはみゆきさんにフラれたでしょ」と言うと、ひやまは「みゆきさんにお前と抱き合ってる所を見られた」と悲しそうに話す。「みゆきさん所に行ったらさあ「どちら様ですか?」だって」。責任を感じる櫻子が「そんなのウチのせいじゃん」と言うと、ひやまは「違う。全部俺が悪いんだ」と落ち込む。

そんなひやまをみて櫻子は「ね、元気出すために久々に鬼ごっこしようか」と提案する。

ひやまは「悪いんだけどさ、そんな気分になれないんだ」と言うが、櫻子はそれに構わず「あれ覚えてる?ひやまっちがさ鬼なのにさウチらのこと追いかけずにそのままトイレに」と楽しそうに思い出を話す。ひやまは櫻子の話をさえぎり「ストップ。やめとけ」とクセのスゴい表情を見せる。ここでMr.ChildrenのEverything (It’s you)の「世間知らずだった少年時代から~」が流れ出す。

櫻子は鬼ごっこを始めようとするが、落ち込むひやまは動かない。そんなひやまを見て「みゆきさんに説明に行きなよ!」と言うが、ひやまは「今さらそんな恥ずかしいことできるかよ」と下を向く。そんなひやまに櫻子は「目覚ませよ!」とひっぱたこうとする。

引用元:https://www.youtube.com/

そこで、バックに「STAY STAY」とサビの部分が流れる。櫻子は必死にみゆきさんのところに行くよう説得するが、ひやまは下を向くばかり。そんなひやまに「こんなの私の好きなひやまっちじゃない」と再びひっぱたこうとする。

引用元:https://www.youtube.com/

そこで目が覚めたひやま。「俺みゆきさんの所に行ってくる」と走り出そうとするひやま。途中で振り返り「櫻子」「お前やっぱりいい女だな」と言って走り去る。ひやまを好きな櫻子は寂しそうに「さーていい男探しに行きますか」と言って去っていく。で終了。

千鳥の大悟さんは櫻子にひっぱたかれそうになったのに止めたひやまに「それは食らえよ」「女のビンタ止めるやつおる?」と笑う。最後ノブさんは「カワイイな~櫻子」とつぶやき、大悟さんは「何がオモロかったんか全く分からん」と言っていました。ゲストの堀田茜さんは「ミスチルかかれば何でもよく見える」と笑ってました。



「ひやまとみゆき」の動画見逃し配信を無料で見る方法は

「連続テレビ小説ひやまとみゆき」を見逃して、無料で見たい方は、FODプレミアムで見ることが出来ますよ。FODプレミアム無料トライアル期間が14日間もあり、フジテレビ系の人気バラエティや、ドラマの動画を見放題で視聴できるのでオススメです。

無料トライアル期間の14日間以内に解約すればお金は一切かかりません。

さらに、お試し期間中に最大900円分のポイントもプレゼントされるのでポイントを使って漫画や雑誌、レンタル配信の動画も視聴できますよー。

まとめ

今回は連続テレビ小説「ひやまとみゆき」の12話目~ありがとう櫻子~をご紹介しました。

みゆきに拒絶され落ち込むひやまを励ます櫻子。ひやまを好きなのに、ひやまとみゆきを応援する切ない女心。最後の「さーていい男でも探しに行きますか」も無理していて可愛かったです。大悟さんが「何がオモロいのか全く分からん」と言っていましたが、お笑いのコントではなく、切ない三角関係の連続テレビ小説になっていて、ついつい見てしまいます。今後の展開もまとめていきますので、よろしければまた見に来てください。

次回第13話はこちら

「ひやまとみゆき」の全話あらすじはこちらです。ぜひ見てみて下さい。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする