【2022年最新】東京・神宮外苑花火大会はいつ?中止?出演アーティストは?無料で見れるおすすめ穴場スポットは?

新型コロナの影響で今年も花火大会が中止となることが多い中、神宮外苑の花火大会は3年ぶりの開催が決定されました。

神宮外苑花火大会は、花火と、会場で開催されるライブイベントの両方が楽しめる東京で大人気の花火大会です。



今回は神宮外苑花火大会はいつ開催されるのか、無料で観ることのできるおすすめ穴場スポットをご紹介します。

2022年東京・神宮外苑花火大会はいつ開催されるの?

2022年の東京・神宮外苑で開催される花火大会の日程は次の通りです。

2022年8月20日(土)

打ち上げ開始予定:19時30分 ~ 打ち上げ終了予定:20時30分

※予備日:翌21日(日)

荒天の場合は、翌21日に順延となります。中止決定は、開催日の正午にWebサイト、各SNSで配信されます。

21日に順延された場合、出演アーティストは変更の可能性があります。

神宮外苑花火大会公式サイト

2022年神宮外苑花火大会・出演アーティストは?

2022年神宮外苑花火大会、花火の打ち上げ数は12,000発!と見応え抜群。

打ち上げ場所は神宮第二球場で、有料の観覧席は、メイン会場の神宮球場の他、秩父宮ラグビー場軟式球場の3か所となります。

メイン会場の神宮球場と、神宮軟式球場では、花火打ち上げ開始前に豪華アーティストのライブイベントが開催、秩父宮ラグビー場では、そのライブの模様がライブ配信されます。

ライブと、すぐ目の前で上がる花火で、迫力満点で夏を楽しむことができますよ。

各会場のイベント内容、出演アーティストは?

神宮外苑花火大会では、毎回豪華アーティストによるライブイベントが開催されます。

今年の出演アーティストは次の通りです。

【神宮球場】

松平 健

FUNKY MONKEY BΛBY’S

矢井田 瞳

(アフターライブ)

THE BEAT GARDEN

【神宮軟式球場】

DOBERMAN INFINITY

Girls2

Tani Yuuki

川崎鷹也

9bic

1つ足りない賽は投げられた

(アフターライブ)

Hakubi

また、メイン会場の神宮球場では、オーディションで選ばれた2名によるオープニングアクトが開催される予定です。



神宮外苑花火大会 無料で観れるおすすめ穴場スポットは?

神宮外苑花火大会は都心で開催される花火大会ですので、有料観覧席はもちろん、外苑周辺前のホテルやレストランでも観れるところはたくさんありますが、「出来れば無料で観たい!」という方の為におすすめの穴場スポットをご紹介します。

ただし、混雑状況や、コロナ感染予防等で、人数制限や閉鎖される場合もありますので、行かれる際には確認してから行ってみて下さいね。

【注意!】

従来観覧スペースとして開放されていた場所(スタジアム通り、銀杏並木噴水周辺、仙寿院交差点付近など、東京体育館や国立競技場敷地内含む)については、コロナ感染防止の観点から閉鎖となります。

今まで通り無料で見れる!と思ってお出かけされても、入ることが出来ませんのでご注意下さい。

鳩森八幡神社

「鳩森八幡神社」の交差点付近は視界が開けて花火がきれいに見れる穴場スポットです。

毎回周辺にはたくさんの露店が出るので、お祭り気分を味わいながら花火を見るなら良い場所です!(新型コロナの影響で2022年は露店は少なめかもしれません)

伊藤忠商事東京本社ビル周辺

伊藤忠商事東京本社ビルは秩父宮ラグビー場のすぐ隣にあるので、間近で迫力のある花火を楽しむことができます。

ビルで働く人は、花火もライブも見ることができ、うらやましいですね。

恵比寿ガーデンプレイスタワー38F・39F展望スペース

恵比寿ガーデンプレイスタワー38階・39階のレストランフロアに無料展望スペースがあります。

花火会場からは少し距離がありますので、都会の夜景と花火を一緒に見ることが出来るので、おススメです。

都心で開催されますので、今回ご紹介した場所以外でも、多くの場所で花火を見ることができます。立ち止まって見る際には、安全を確認してから楽しんでくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、2022年8月20日に開催される神宮外苑花火大会についてご紹介しました。

今年は隅田川花火大会も中止となり、都内での花火大会は久しぶりとなります。

コロナ対策をしながら、花火を楽しみたいですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする